女性がひげを自己処理すると

女性がひげを自己処理すると

女性のほとんどがひげを自己処理していることがわかっています。
なぜなら、ひげの永久脱毛に行く時間がない。費用がかかるのは嫌。
これぐらいのひげなら自己処理できるから大丈夫。

 

まだ私のひげはメイクで隠せるから、定期的に自己処理をしていて大丈夫。という女性もいるのではないでしょうか?

 

自己処理している女性がほとんどですが、その全部を否定しようとは思いませんが、自己処理をして危険な方法もあります。
では、女性がひげを自己処理する上での注意点は何なのかをまとめてみました。

 

すでに生えてしまったひげを自力で何とかしようとするなら、抜くか剃るかの2択が考えられるでしょう。
しかし、どちらも女性の肌に優しい方法ではないのです。その理由を説明しましょう。
毛抜きの場合は毛抜きと鏡があれば手軽に気になる毛を処理できます。

 

とにかく簡単に問題を解決できるので、多くの人がこの方法を選んでしまうようです。
しかも、すぐには生えてこないので、好都合です。
でも、実は肌にとって毛抜きでの処理は落とし穴なのです。

 

なぜなら毛穴を広げて跡を残したり、埋没毛を作ったりと肌トラブルを引き起こしやすいからです。
簡単に毛をきれいに処理できなければ意味がありません。

 

日常的にひげそりをする男性と違って、女性は顔にカミソリを当てることに不慣れな人が多いのではないでしょうか。
処理中に思わぬ方向に刃が滑って顔を傷つけてしまうかもしれません。

 

男性と比べて女性の肌が柔らかいことも、気軽にカミソリを当てられない理由の1つです。
カミソリはムダ毛と一緒に肌表面の角質を削ってしまいます。つまり、肌のバリア機能を削ってしまっていることがあるのです。

 

すると、女性は肌が柔らかいため、ひどいカミソリ負けをして炎症を起こす場合もあるのです。
もし剃る場合でも、顔用の電器シェーバーで優しく剃ることを心がけましょう。

 

そして、剃る前も後も、抑毛効果のあるクリームで抑毛と美肌成分をひげのあった肌に塗りこんで、色素沈着をおこさないように気をつけてください。

 

ひげのような毛は、生活習慣やストレスが原因のほかに、生まれついた体質とも考えられます。
生まれつき男性ホルモンの分泌量が多い人は、生活態度を改めても、ひげが薄くならない可能性がありますから、女性ホルモンを補うことを心掛けてください。

 

つまり、大豆イソフラボンのような、女性ホルモン「エストロゲン」と似た効果を持つ栄養素を摂取するのです。1日の摂取目安量は、70〜75mgといわれています。
これは納豆に換算するとおよそ1パック分です。過剰摂取にはくれぐれも気をつけるようにしてくださいね。

 

⇒女性の産毛用クリームがあるって知ってましたか?