女性のひげに本気で挑むなら医療脱毛がおすすめ

女性のひげに本気で挑むなら医療脱毛がおすすめ

女性にはひげは生えないというのが一般的な認識ですが、女性の多くがひげに悩んでいます。産毛のようなものから、青ひげまで、程度の差こそあれ女性はひげのお手入れに毎日悩まされているのではないでしょうか。

 

最もポピュラーなお手入れ方法はカミソリで剃ることですが、たとえ産毛であっても長年剃り続けると肌を痛め、色素沈着や肌のゴワツキを起こしてしまいます。剃ることで一時的にひげが無くなったとしても肌が荒れているのではコンプレックスは解消されないままです。

 

ひげを隠すメイクや、荒れた肌を隠すメイクをすることとなり悪循環です。

 

また、ひげが生える口元は多くの人に見られています。特に男性は女性の口元にひげは無いものと思っていますので、近づいた時にひげが見えてしまったら気まずい思いをするはずです。それに、女性のひげは他人から指摘しづらいものです。

 

ひげに本気で悩んでいる場合には医療脱毛がおすすめです。エステではなく医療機関での脱毛をおすすめする理由は、エステと医療機関では効果に差があるからです。エステでの脱毛も、一時的に効果は出ますが、永久脱毛が可能なのは医療機関での脱毛だけです。

 

国から、レーザーの出力数が定められており、出力の高い機械を使用して脱毛することができるのは医療機関です。高い出力のレーザーを使用することで、エステより短い機関で確実な脱毛が可能になります。

 

産毛が今より少し薄くなるといいな、という程度ならエステでの脱毛の方がお値段的にも手軽で良いと思いますが、効果が出るまでに時間がかかりますし、産毛のような細い毛にはレーザーでの脱毛は効きづらいので機械の出力を高くする必要があり、痛みを覚悟しなければなりません。

 

そう考えると、産毛の場合にも医療脱毛の方が良いのではないでしょうか。痛みが気になる場合には痛みの少ない機械を導入している医療機関を探すと良いと思います。
太くて濃いひげにはレーザーでの効果は出やすいようです。レーザーは毛の黒い部分に反応して脱毛をしますので、濃いひげの方が反応しやすいのです。

 

とはいえ、一回の施術でひげの脱毛が完了という訳にはいきません。ひげの毛量にもよりますが、医療脱毛であれば5回から10回の施術でひげが見られなくなる場合が多いようです。

 

まずは医療機関でカウンセリングを受け、プロにひげの毛質や量を見てもらうと良いと思います。毛量や毛質によって必要な回数が変わってくるので、契約する料金プランにも違いが出てくるはずです。

 

医療脱毛は一般的にエステでの脱毛より費用は高いのですが、脱毛にかかる期間が短いのは医療脱毛なので、結局は医療脱毛にしておいた方が費用はかからなかったというケースもあります。

 

脱毛をして、自己処理がいらなくなれば色素沈着などの悩みも解決するはずです。

 

何より「ひげが目立っているのではないか…」という不安から解放されることはとても大きなメリットです。口周りへの視線を気にする必要がなくなります。

 

費用と手間はかかりますし、施術時の痛みのあるとは思いますが、長年の悩みから解放されるのであれば耐えられるのではないでしょうか。医療脱毛でひげを脱毛した女性の多くが「もっと早くやっておけばよかった」という感想を持っています。

 

なかなか人に相談しづらいひげの悩み、医療脱毛で解決してみませんか?

 

【医療脱毛はちょっと・・】女性の産毛用クリームがあるって知ってましたか?